ようこそ

コンベンションとイベント

2019-02-28

 日本を訪れる旅行者のほとんどは、店舗、買い物客、そしてもちろんコスプレイヤーの両方で、その独特の日本だけのファッションで知られる原宿と竹下通りへの訪問を計画しています。初心者のための 衣装と遊びという言葉の組み合わせです。
 コスプレ愛好家は、通常、マンガ、アニメ、ビデオゲームのキャラクターに触発され、彼らのコスチューム(購入することも完全にハンドメイドのこともあります)を作成し、選択したキャラクターの行動や特徴を模倣するために尽力します。
和服コスプレは、きちんと衣装と遊びという言葉のからきています。 過去には、日曜の代々木公園は最高のコスプレを見るために保証された場所でした、しかし、文化が進化して、長年にわたって変化したので、この地域の数は減少しました。 コスプレファン、またはコスプレイヤーは日本を彼らのサブカルチャーの故郷だと思っています、そして確かに、流行が生まれたのはここでした。 通常、コスプレイヤーは特定のキャラクターとしてドレスアップし、マンガ、アニメ、そしてますます、ビデオゲーム、テレビ、映画などのソースからインスピレーションを得ています。
特に日曜の夕方、原宿エリアはまだコスプレイヤーに出会える場所です。 運が良ければ、池袋や秋葉原の表参道のエリアでも出会うかもしれません(ここで注意してください。ここのコスプレイヤーであるように見える多くの人々は実際に仕事をし、ビジネスを宣伝するためにドレスアップします)。
 熱心なコスプレイヤーの集まりを実際に見るためには、東京のマンガやアニメのイベントを訪れるのがよいでしょう。 コミケ、ジャンプフェスタ、アニメジャパン、東京ゲームショウは、コスプレ愛好家にも見逃せない、あるいはちょっと興味があるだけのイベントでもあります。
 ここでそれらを見つけることができる場所と何を期待するのか!
 コミケはお台場の東京サイトで年2回開催され、マンガ、マーチャンダイジング、コスプレを組み合わせたものです。毎年夏と冬に開催されます。 2017年の次のイベントは12月29〜31日です。コミケは、3日間で平均50万人の参加者が集まり、イベントへの参加は無料です。真面目な訪問者であり、特定のスタンドに行きたいと思うなら、およそ2000円のためにイベントへのガイドを拾うことができます。これは急に見えるかもしれませんが、会場や人混みをナビゲートするのに非常に役立ちます。コミケは同人誌として知られている自己制作、自己出版の材料に重点を置いており、共通の利益を持つアーティストと読者の間のコミュニケーションを奨励しています。同人誌だけでなく、会場の中にはよく知られている漫画の屋台があります。最後になりましたが、決して間違いなく、コスプレイヤー。コスプレイヤーが集まり(通常は群衆のコントロールを助けるために外で)写真を許可する特別な分野があります。よく知られているコスプレイヤーを撮影するには、並んで待つ必要さえあるかもしれません。コミケに関する情報はさまざまな言語でここにあります。
 ジャンプフェスタの2018年の日程はまだ決まっていませんし、ウェブサイトは完全に日本語ですが、もしあなたがのファンであり、それに関連する漫画をやめさせないでください。 このイベントはワンピース、ドラゴンボールとナルトだけでなく、多くの小さなシリーズに関連する展示と必見です。 マンガとアニメのコスプレイヤーはここにたくさんいます。 ウェブサイトは利用可能です。ここまたは代わりに、次回の詳細が公開されたときに更新するこの記事をもう一度チェックしてください。

会社概要 サイトのご利用 お支払いについて お問い合わせ 配送・送料について 返品・交換・保証・修理 個人情報保護方針